おたより本舗 年賀状印刷の専門店

会員登録

ログイン

カート

はがき持ち込みOK!はがき代1枚57円!

2019年の今年から宛名印刷が無料!

年賀状デザインの裏バナシ~つくり手の想いを知る~

花鳥風月を描く、イラストレーター糸乃,Sino

ピンク色の亥がかわいい!
鮮やかで美しい色彩に心躍る年賀状2019

花鳥風月を描く、イラストレーター

糸乃,Sino

武蔵野美術大学、SUPER ILLUSTRATION SCHOOLを卒業後、イラストレーターとして活動を開始。花鳥風月をハッピーなやさしい世界観で描く。書籍や広告をはじめとして、現在はステーショナリー、カレンダー、年賀状など、商品のデザインを中心に活動。

おサルさんもピンク×ふわふわ!抱きしめたくなる可愛さ

花鳥風月を描く、イラストレーター糸乃,Sino01

未年の2015年から、おたより本舗に年賀状デザインを提供してくれている糸乃さん。
干支のヒツジとサルも、糸乃さんの手にかかればピンクでふわふわ、キュートすぎる世界観に。ヒツジには元々ふわふわのイメージもありますが、ニホンザルまでこんなにふわりとした柔らかい印象になるんですね。

見る人を一瞬で幸せな気持ちにしてくれるイラストたち

花鳥風月を描く、イラストレーター糸乃,Sino02

色の濃淡や表情から、版画のような雰囲気も感じられる糸乃さんの水彩画。花鳥風月を独自の感性で表現していて、どの作品にも自然をこよなく愛する作家さんの人柄が滲み出ているかのよう。
そんな糸乃さんが、特に思い入れのある作品は桜の柄のステーショナリーだといいます。

「毎年必ず描くモチーフが桜なんです。その年に触れた花の印象を大切にしています。」

絵と料理をクロスさせる新たなアートワーク

花鳥風月を描く、イラストレーター糸乃,Sino03

イラストに加え、以前から興味のあった料理の仕事にも活動の領域を広げている糸乃さん。2018年の9月には、絵と料理をつなぐ「絵付け皿」の個展を開催し、新たな試みをスタートさせました。今後は陶器の絵付けに力を注いでいきたいとのこと。「その活動を年賀状のデザインにもつなげていけたら」と教えてくれました。

さらに、お仕事以外でも毎日、自由に絵を描く時間をつくっているそうです。
「練習のようなもので、絵とは呼べないくらいの作品も多いのですが、思いのほか大事なイメージソースになっているんですよ。」

干支を独自の作風に仕上げるため、動物のリサーチも

花鳥風月を描く、イラストレーター糸乃,Sino04

もともと文具のデザインに興味があり、この道に入った糸乃さん。年賀状の制作で大前提として心がけているのは「幸せ感があり、はがきとして使いやすいものであること」だと語ります。

そのうえで、「その年の干支を表現するため、動物のリサーチからはじめて、私の作風におとしこむ作業をしています」とのこと。ここが一番苦心するところだそう。
おたより本舗主催の作家さん懇親会での意見交換も、自身の創作活動について見つめ直す機会になったといいます。

「懇親会に初めて参加した翌年が、2017酉年でした。より自分の個性を生かして貢献できることは何か、じっくりと考えながら年賀状を制作しました。その結果、出来上がった作品が好評をいただき、とても嬉しかったです。」

2019年の年賀状テーマは、力強く「翔(か)ける」!

2019年の干支である亥も糸乃さんの手によって、素敵な年賀状に仕上がりました。

「主役であるイノシシのダイナミックさに引導されたデザインです。テーマは『翔(か)ける』。いつもより動きのある、力強い色彩や絵柄で表現してみました。」

美しい花々のなかを飛翔するイノシシの姿は、お正月のおめでたい雰囲気にピッタリですね。鮮やかな色彩も幸せ感を後押ししてくれるかのようです。糸乃さんの年賀状で、受け取る人にハッピーな気持ちをお届けしてみませんか?

(編集:宮田)

花鳥風月を描く、イラストレーター

糸乃,Sinoの年賀状

  • N4034D_T_A00
  • N4035D_T_A00
  • N4036D_T_A00

つくり手一覧へ戻る

スタッフ一同

おたより本舗年賀状印刷の専門店 スタッフ一同

お問い合わせ0120-34-7706

お電話では「年賀状サイトを見て」とお伝えください。

※間違い電話が増えております。お電話番号はお間違えのないよう、お願いいたします。

メールでのお問い合わせはこちら

会員登録不要! カンタン20分で注文完了! どうぞお気軽にデザイン作成をお試しください。

年賀状一覧へのリンクはこの下にあります

年賀状一覧へのリンクはこの下にあります

デザイン一覧・編集・ご注文はこちら