おたより本舗 年賀状印刷の専門店

会員登録

ログイン

カート

はがき持ち込みOK!はがき代1枚57円!

2019年の今年から宛名印刷が無料!

年賀状デザインの裏バナシ~つくり手の想いを知る~

書家澤田修帆

筆文字が上品で渋い!
大人のカッコいい和風年賀状【2019 亥年】

書家

澤田修帆

大阪府出身。書に携わり15年。ここ数年は団体に属さず、自由に創作活動をしている。知人からの依頼で作品を手掛けたり、フリーマーケットや地元の芸術祭にも参加する。伝統を踏まえながらも今日的で清らか、上品な書を理想とし、活動を展開中。

清らかさが心地よい、書作品の数々

書家澤田修帆01

決められた作法を大切にし、伝統にのっとりながらも、現代的で上品な書を。
そんな思いで日々筆を走らせるのは、澤田修帆さんです。

静けさの中に、力強い迫力を感じる書作品の数々。
その清らかな筆運びを目にすると、心が洗われるようですね…。

書家澤田修帆02

おたより本舗では、「金の一文字」年賀状でおなじみ。
しなやかで迫力ある筆文字が、和風ジャンルの中でも大人気なんです。

長年に渡って多くの書を手掛けている澤田さんは、いつもどのようにして作品のイメージを膨らませているのでしょうか?
また、書の道に進んだきっかけは、一体どのようなものだったのでしょう?
おたより本舗スタッフが、少しお話を伺ってみました!

筆をとる前に、半分以上は仕上がっている!?

書家澤田修帆03

「作品を手掛けるときは、まず書きたい“言葉”を考えます。それが決まったら、次は楷書なのか行書なのか、といった“書体”を。そしてやわらかい、力強い、などの“書風”を決めていきます。」
同じ言葉でも、“どう表現したいか”という方向性によって、全く異なる作品になるんですね。

「あとは、縦書きなのか横書きなのか、余白はどれぐらいあけるのか、といった“レイアウト”や、ある程度の墨の“濃淡”も、筆をとる前に決めます。ここまでの作業で、半分以上は仕上がった感じですね。」
紙の上に文字を書く前に、イメージを膨らませ、表現したいことを追求する作業が重要なのですね!
そして、全体の細かいバランスや墨量などは、書きながら試行錯誤していくそうです。

“ありがとう”と書かれた作品は、最後の一文字“う”だけが少し左に配置されています。
感謝の気持ちに余韻を残し、少し照れくささが混じったような表現にも見えますね。

はじめは趣味探し感覚だった!?今後は個展の開催も

書家澤田修帆04

澤田さんは、本格的に書道を始めた経緯について教えてくださいました。
「最初は趣味探し程度で、文化センターの書道教室に通い始めました。上達してくると、知人から依頼をいただいたり、フリーマーケットに出店してみたいと思うようになったり。」おたより本舗との出会いも、そのフリーマーケットがきっかけだったんですよね!

年賀状作品でも、あまり文字を崩しすぎず“読めること”に重点をおいているという澤田さん。今後の抱負は、作品を書きためて個展を開くことだそうです!

2019年の年賀状テーマは「自然」!

「一枚の作品として、“自然のごとく美しく、そして力強く書く”という点に重きを置きました。」

年賀状作品では、紙の材質や墨の色合いにも神経を注いでくださっています!
みずみずしく、まるで小川のせせらぎのように美しい「亥」の文字。
今年は渋くてスマートな筆文字年賀状で、新年をカッコよくスタートしてみては?

(編集:村上)

書家

澤田修帆の年賀状

  • N4024D_T_A00
  • N4025D_T_A00
  • N4026D_Y_A00
  • N4027D_T_A00
  • N4028D_T_A00
  • P5067D_T_A02
  • P5068D_Y_A01

つくり手一覧へ戻る

スタッフ一同

おたより本舗年賀状印刷の専門店 スタッフ一同

お問い合わせ0120-34-7706

お電話では「年賀状サイトを見て」とお伝えください。

※間違い電話が増えております。お電話番号はお間違えのないよう、お願いいたします。

メールでのお問い合わせはこちら

会員登録不要! カンタン20分で注文完了! どうぞお気軽にデザイン作成をお試しください。

年賀状一覧へのリンクはこの下にあります

年賀状一覧へのリンクはこの下にあります

デザイン一覧・編集・ご注文はこちら